転職雑談

営業職の転職活動を成功させるポイント

転職面接

文系卒で働いている人の多くが営業職で働いているかと思いますが、営業職の人の転職活動のポイントをまとめてみました。

 

やっぱり数字?営業職の転職面接で見られるポイントとは

営業職が転職を成功させるときにどんなポイントが重要かというと、採用担当者に雇えば会社に大きな利益をもたらす存在だと信じ込ませることです。そのためにも自己PRをよく考えなければいけません。

営業職でアピールすることといえば、前職でどれだけの実績を挙げてきたのかということが効果的です。具体的な社名は出せなくても、おおまかにどんな仕事をしてきたのかを伝えることができれば、営業力の有無を判断してもらえます。

逆に客観的に判断できるエピソードがなければ、ただ自分は営業力がありますといっていうだけ人間に見られます。初めて出会った採用担当者が、それを疑いもせず信じてくれるほど転職活動は甘くありません。

転職でキャリアアップを図りたいならば、それに加えて管理職として働けることもアピールしなければいけません。

部下にどのような指導をしてきたのか、目標の設定及び達成までの戦略など多くのスキルが必要です。営業職であっても、上に立つために経営に関することも積極的に学ぶ意欲を見せなければいけません。こちらも「自分が率いたプロジェクトで利益を前年比で何割も増やした」というように具体的なエピソードを交えたほうが、相手に伝わりやすいです。

ワタシの転職エージェント」などの転職エージェント評判サイトを読んでいると実際にデてきますが、おの営業数字を分かりやすく職務経歴書に記載することは転職エージェントでも、かなり重点的に指導されますし、ここが弱い方は営業職での転職は厳しいと言えます。

もし前職が経理や製造など違う職種で、未経験での転職であったときには、これらのエピソードを持っていませんから想定される質問に答えられるようにしておきます。自分が考える営業職のイメージや、どうして未経験の分野に挑戦をしたいのかといった質問の回答を考えます。

たとえ未経験であっても、事前に調べもせずに転職活動をしてはいけません。業界の情報や営業職とはどんなことをするのかを詳しく調べるからこそ、相手に信じてもらえる志望動機や自己PRができます。

転職を成功させるポイントとして、採用担当者に伝えておきたいことを並べてきましたが、逆に絶対に口にしてはいけないことがあります。それは前職の批判です。前職の批判を繰り返すと、採用してもすぐに転職をするのではないかと思われてしまいます。どうしても、その会社で働きたいというポジティブな動機をアピールできなければ、採用してもらうことは難しいです。

あとは印象を良くするためにも、転職活動の基本でもある身だしなみを良くすることを心がけましょう。特に人と話して契約を結ぶ仕事ですから、だらしない格好の人間を雇うはずがありません。かといって高級ブランドのスーツや腕時計は、金遣いの荒い人間など印象が悪くなります。年齢に合わせて手頃な価格のアイテムを揃えたほうがいいです。

-転職雑談